×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




何処まで離れてゆくのだろう

心穏やかなあの日々から



赦されないと知っている


福原から京に戻って、もう3日がたつ。

戦の疲れもろくに取らないまま法住寺の法皇様に会いに行って、ここ最近起きている怪異について話をきいた。

もたもたしている暇なんて無い。

早く怨霊を封印して、怪異を鎮めなければ平家の思惑通りになってしまう。

だけど、そうやって焦れば焦るほど、思い通りに体は動かなくなっていった。


「望美さん、起きていますか?」


景時さんのお屋敷、あてがわれた部屋で、ぼんやりと天井を見上げていたあたしは、御簾の向こうの声にはっと身を起こした。


「あ・・・・・・はい、起きています」

「薬湯を持ってきましたよ。入りますね」


お盆に木のお椀を載せて弁慶さんがこちらへとやってきた。

いつもと同じように黒い法衣を頭から被って、口元には柔らかい微笑みを浮かべている。


「気分はどうですか・・・・・・?」

「あ・・・・・・大分楽に、なりました。
 ごめんなさい、迷惑かけてしまって」


情けなかった。
怨霊を封印できるのは「白龍の神子」であるあたしだけなのに、体調を崩してしまうなんて。

そのため、今日は一日休むことになってしまった。

じりじりと、お腹の底のほうがこげる様な焦燥感と申し訳なさで、まともに顔を見ることができなかった。


「迷惑だなんて、とんでもない。
 君を一日看病できるなんて、不謹慎かも知れませんが、役得だと思ってるんですよ」

「でも・・・・・・早く怪異を解決しなくちゃいけないのに・・・・・・」


体にかけていた単をぎゅっと握り締めると、弁慶さんの手が伸びてきた。

骨ばった手は思ったとおり暖かい手で、思わず肩から力が抜けてしまう。


「それに、皆にとってもいい機会です。
 京に戻ってから、休む時機を逃してしまいましたからね」


さ、どうぞと差し出された器を受け取り、素直に全部飲み干す。

本当はもの凄く苦いしにおいもきついのだけれど、早く治すには我慢して飲むしかない。

それでも、眉間にしわが寄ったあたしに、弁慶さんは苦笑して葛湯をくれた。

ほのかな甘味が口いっぱいに広がって、先ほどの味を喉へと流してくれる。


「では、もう少し眠っていてください。
 起きる頃にはずっと良くなっているはずですよ」

「はい・・・・・・」

「望美さん、焦ってはいけませんよ」


いいですねと言いおいて、弁慶さんは部屋を出て行った。

その後ろ姿を目で追ってしまう。

行かないで、とはいえない。

源氏を裏切らないでとは口には出せなかった。

弁慶さんは、自分を恐ろしいほど責めているのだ。

彼が、京の応龍を消滅させてしまったのは事実だ。

それを、どんなことをしてでも取り返そうとしている覚悟を、あたしは知っている。

だけど。

だるい体を無理やり起こして、服を着替える。

追いかけなくちゃ。

追いかけて、弁慶さんを止めなくちゃ。

何の妙案もないけれど、みんなを裏切らせるわけにはいかない。




彼の後姿を見つけたのは、長岡京の少し手前でのことだった。

木の陰に隠れて、武装した男と話しこんでいる。

足音を殺し、息を潜めてゆっくりと近づいていった。


「――では、そういうことで、お願いしますね」

「はっ!御意」


二人は短く言葉を交わして人ごみに紛れてゆく。

さらに追いかけようとして――


「誰です?」


確かに前を歩いていたはずの弁慶さんの姿はなく、思い切り肘を攫まれた。

その力は強く、関節が軋む痛みに声も出ない。


「・・・・・・っ!望美さん!」

「べ、んけいさ・・・・・・」


大きく見開かれた琥珀色の瞳に、あたしが映っている。

あたしの腕を、ギクシャクと離した弁慶さんは、いつもの彼らしからぬ厳しい表情で顔を背けた。


「屋敷で寝ていたはずでは・・・・・・」

「ごめんなさい。
 でも、弁慶さんを追いかけなくてはならなかった」


けだるい体は今でも崩れてしまいそうで、だけど必死で彼の腕につかまる。

口に手を当てて、厳しい表情をけして緩めない彼を、じっと見つめた。


「他の方法を、考えませんか?
 こんなこと、絶対に良くないです」

「君は・・・・・・何処まで聞いていたんですか?」

「全部だと、言ったらどうします・・・・・・?」

「そんな・・・・・・。
 君は、いけない人ですね・・・・・・」


言うなり、口元にあった手をはずして引き寄せられた。

均衡を失った体はいとも簡単に彼のうでの中へと落ちてゆく。


「だけど、僕はこれが最善の方法だと思うのです」


唇に触れたのは、柔らかさとは裏腹な冷たい、感情のない言葉で。

あたしが抵抗するまもなく舌がすべり込んできた。


「んっ・・・・・・んぅう!!」


それとともに入り込んできたのは苦味のある液体。

思わず飲み込み、やけに粘着質のそれが喉をすべり落ちた。

ごくりと、上下した喉を確認した弁慶さんが、ようやく唇を離した。


「君は・・・・・・知ってはいけなかったのに・・・・・・」


囁かれた言葉が、急激にかすんでゆく意識に阻まれて、あたしには届かなかった。




腕の中でぐったりとしてしまった望美を、弁慶は軽々と抱き上げる。

柔らかな物腰と、細身の体からは想像できない力で、その場を後にした。


誰に赦されなくていい。

この罪が消えることはないから。

なしたことの重大さを知らないわけがない。

苦しいとも、嫌だとも言うことはおろか、逃げ出すことすら叶わないのは十分承知している。

どんな罰も受け入れる覚悟はとうの昔に決めた。


だから、この道を往く。

なんと言われようとも。

誰が泣き叫ぼうとも。

引き返す道など、もう何処にもない。















☆☆☆☆☆☆☆☆あとがき
この作品は 「After School」の管理人NORIKO様が主催なさっている「キス企画」に提出した作品です。
提出したものに少しばかり修正を加えています。
弁慶、一服盛っちゃったYO!
彼は自分の中で確実な道筋を立てて行動するタイプ。
その計画通りに周りの人物が動かないといらいらする、完璧主義なんじゃなかろうか。
でも絶対この人はなまg(略